抜け毛や薄毛に悩んでいる方であれば、夜寝る前に髪と頭皮を洗って、その日に付いた汚れを落としてから寝ていると思います。

育毛にとって基本中の基本ですからね。

 

ですが、男性女性関係なく、夜お風呂に入る・シャワーを浴びるのが面倒臭くて朝シャンをするという方が結構いるのも事実です。

それは非常にもったい無いことをしていて、朝シャンをすることで「髪と頭皮に悪影響を与えている可能性が非常に高い」のです。

 

そこで今回は、朝シャンが髪と頭皮に逆効果な理由を説明していきます。

朝シャンが習慣になっている方は、抜け毛や薄毛を改善させるためにも、綺麗な髪の毛を作る為にも、最後までご覧になって下さい。

>>ハゲ・薄毛が悪化する?!私が湯シャンを絶対にやらない4つの理由

 

朝シャンが髪と頭皮に逆効果な理由

頭皮に紫外線を受けやすくなる

朝シャンが何故いけないのかというと、朝シャンをして髪と頭皮を洗うことで、天然のバリア機能が失われ頭皮ダメージをモロに受けやすくなってしまうからです。

 

そして、天然のバリア機能を果たしているのが皮脂。

 

髪の悩みを抱えている方が毛嫌いしている皮脂には、頭皮や髪を薄い膜でコーティングし、細菌の侵入や紫外線ダメージから守ってくれる天然のバリア機能があります。

しかし、朝シャンをすることで皮脂を洗い流し天然のバリア機能がなくなり、紫外線による頭皮ダメージを受けやすくなります。

 

紫外線による頭皮ダメージは強烈で、紫外線をタップリ浴びた頭皮の下では、細胞がジワジワ破壊されていきます。

そうなると、髪を作る毛母細胞の働きが鈍くなり、健康な髪の毛が生えてこない・抜け毛が増えるなど薄毛を招く原因になるわけです。

紫外線から頭皮と髪を守ってくれる天然のバリア機能を失わない為にも、朝シャンは控えた方が良いですね。

皮脂が詰まるとハゲるという薄毛の噂がありますが、それは全くのデタラメなので無視して構いません。

 

>>髪を洗わなかった次の日のシャンプーで抜け毛が多くなる理由と根拠

 

髪と頭皮を傷める洗い方になりやすい

>>頭皮をいたわる正しいシャンプーのやり方・使い方まとめ

朝って時間がない事が多くて、急いで髪と体を洗うことって多いですよね。急いでいると「ゴシゴシ洗ってしまう」という方も少なくないです。

頭皮をゴシゴシ洗うなど論外で、新しく生えてきた髪の毛というのは、あなたが思っている以上に抜けやすいんです。

 

なので、急いでいるからといって頭皮をゴシゴシ洗うと薄毛が悪化する原因になります。

 

また、急いで髪を洗うと頭皮にとって異物でしかないシャンプーやリンス・トリートメントの残留物が残りやすく、それが原因で抜け毛が増えたり薄毛が進行する可能性もあります。

特にドラッグストアで売られているようなシャンプーは洗浄力が強く、シッカリすすげなかったシャンプーなどの残留物は、頭皮にとっては異物でしかありません。

 

シャンプーなどの残留物が残ると、それが原因で頭皮に炎症を起こし、抜け毛が増えるリスクがあります。

シッカリすすいでいるから大丈夫という方でも、朝シャンは頭皮を守る天然のバリア機能を奪ってしまうので育毛の敵ともいえますね。

 

夜、髪を洗わないのはマジでやばい

朝シャンをしている方の中には、夜髪を洗わないという方も沢山いますが、それは髪と頭皮にとって非常に悪いことです。

というのも、基本的に髪の毛は寝ている間にもっとも育ちます。

 

例え1日何もせずゴロゴロして過ごしたとしても、頭皮は汗をかいていて、チリやホコリがつき、頭皮はあなたが思っている以上に不衛生な状態です。

仕事をしていたら、より不衛生なことは明白ですよね。

不衛生なまま髪と頭皮を洗わずに寝たら…..

 

抜け毛が増えるのも当然ですし、育毛が無理なのも明らかですよね。

 

上記してきました通り、朝シャンは髪と頭皮にとって悪影響しかありません。

抜け毛が増えて悩んでいる方、薄毛が改善せずに悩んでいる方、髪の悩みを抱えている方であれば、寝る前に髪と頭皮を洗う習慣を身につけるようにして下さい。

>>髪を増やす育毛剤の体験談

 

夜お風呂に入らない・シャワーを浴びない汚さ

ここでは趣向を変えて、寝る前にお風呂に入らない・シャワーを浴びないことが、「いかに不衛生な状態なのか、髪にとって悪いことなのか」紹介したいと思います。

 

足の裏は特に汚い

汗腺(汗の出る場所)の多い体のパーツといえば背中ですが、足の裏は背中の5~10倍汗腺が密集していると言われています。

汗自体には臭いはありませんが、靴の中は常に蒸れている状態で、湿気とこもった熱で雑菌が繁殖し、この雑菌が皮脂などを分解すると「クサッ?!」と感じる、いや?な臭いを発生させます。

 

ということは、夜お風呂やシャワーを浴びずに寝ると、足裏は雑菌が繁殖したまま。

その上、寝具までも雑菌が繁殖しているので、臭くなるのは当然です。

足が臭くて困っている方は、夜寝る前にお風呂やシャワーを浴びる習慣を身につけると、今よりも臭いは改善されます(寝具も定期的に変えた方が良いですね)

 

これは足裏に限ったことではなく、汗をかく体のパーツであれば必ず雑菌が繁殖しています。つまり、当然頭皮にも雑菌が繁殖しているということです。

寝ている最中に髪は最も育つわけですから、健康な髪・綺麗な髪を生やす為にも、夜寝る前にお風呂に入る・シャワーを浴びた方が、髪と頭皮に良い影響を与えられます。

 

育毛促進効果を自ら無駄にしている

寝る前にお風呂に入ったりシャワーを浴びると、副交感神経が刺激され心と体をリラックスさせストレスを軽減する効果があります。

心と体がリラックスするということは、それだけ「髪の成長を促進する深い睡眠がとれるようになる」わけです。

>>良質な眠りで髪をグングン育てる!質の高い睡眠育毛法まとめ

 

ということは、寝る前にお風呂やシャワーを浴びないと、育毛を促進するキッカケを自ら無駄にしているということ。それって非常に勿体ない状態ですよね。

寝る前にお風呂に入ったりシャワーを浴びることで、髪と頭皮に良い影響を与えることできます。

 

どうしても朝シャワーを浴びたい場合

朝シャンをする方の中には、「体臭が気になるから朝シャワーを浴びる」という方も少なくないと思います。特に、加齢臭が気になってくると朝シャワーを浴びることが多くなりますよね。

育毛の観点からすると、体臭が気になるから朝シャンをするという方であれば、寝る前に髪と頭皮を洗ってから寝て、翌朝シャワーを浴びる時は体だけ洗い流すという方法に切り替えた方が良いです。

 

1日分の頭皮の汚れは寝る前に落とす。

これだけは絶対に外せない育毛の基本ですので、体臭が気になるという方は、寝る前にシャンプーをしてから寝て、朝は身体だけ洗い流す習慣を身に着けていきましょう。

 

余談ですが、朝シャンで全身の血行が良くなり、朝から活動的になれるという意見もありますが、朝シャンの代わりにストレッチをすれば全身の血行を促進できます。

また、朝シャワーを浴びることで交感神経が刺激されダイエット効果があるなどとも言われていますが、ちょっとだけ散歩をしたりストレッチをした方がダイエット効果は高いです。

>>頭皮をいたわる正しいシャンプーのやり方・使い方まとめ

 

まとめ

ここまで、朝シャンが髪と頭皮に逆効果な理由について説明してきました。

朝シャンについては色々と言われていますが、髪と頭皮を考えた育毛の観点からすると、朝シャンは逆効果なので控えた方が良いのは間違いありません。

 

とはいえ、朝シャンが習慣になっている方の場合、寝る前にお風呂に入る・シャワーを浴びることが面倒臭くて仕方ないかもしれません。

人間は中々習慣を変えられない生き物ですからね(私自身、変えられない習慣が沢山あります。)

 

その場合は、「帰宅したら真っ先にお風呂場に直行する」など、今までの習慣を変える工夫が必要かもしれませんね。

いずれにしても、朝シャンは髪と頭皮にとって悪影響を与える可能性が高いので控えた方が良いです。

それでも朝シャンがしたいという場合は、せめて髪に良いシャンプーに変えた方が良いですよ。

>>髪と頭皮に良いシャンプーの選び方とおすすめランキング