ハゲ・薄毛が悪化する?!私が今流行りの湯シャンを絶対にやらない4つの理由

タモリさんがやっているとか、福山雅治さんがやっているとかで流行っているらしい湯シャン(ぬるま湯のみで頭を洗う方法)

まず大前提として、湯シャンはやってもやらなくてもどっちでも良いと思います。

 

湯シャンをしたからといって、次の日から抜け毛が圧倒的に減るわけではありませんし、湯シャンをしたからといって薄毛が改善するわけでもありません。

湯シャンが髪と頭皮に良いと言われていますが、すべての人に当てはまるわけではなく、「湯シャンをしない方が良い人もいる」のも事実ですからね。

>>髪と頭皮に良いシャンプーの選び方3つのポイント

 

私が湯シャンをやらない4つの理由

私自身、肌が白くて乾燥肌・敏感肌のため、世間一般で言われる「肌の弱い人」にカテゴリーされる肌質です。

ですので当然、自分の頭皮に直接触れるものには注意しています。シャンプーや育毛剤を選ぶ際は、痒みや炎症が起こらない製品であることが大前提です。

 

薄毛が中々改善しなかった数年前、湯シャンの存在を知り実践してみた経験がありますが、私自身は2度とやらないと決めています。

というのも、今世間一般で言われている湯シャンの効果にすこぶる懐疑的であるためです。

 

髪と頭皮が本来持つバリア機能を取り戻す?

ネットや雑誌では、「湯シャンをすることで必要な皮脂を残し、髪と頭皮のバリア機能を取り戻す」などと言われていますが、根本的に髪は死んだ細胞の塊なのでバリア機能など始めからありません。

髪の毛は、

  • コルテックス
  • メデュラ
  • キューティクル

の3層構造になっていますが、全て死んだ細胞の塊。

 

なので自己修復機能はなく、1度でもダメージを受けたらケアをしないと髪が綺麗になることはあり得ないわけです。

 

シャンプー剤を使わなければ髪の傷みが和らぐと書かれていることも多いのですが、髪が傷む原因は、

  • 紫外線
  • ドライヤー
  • 自然乾燥
  • パーマ
  • ヘアカラー
  • ヘアアイロン

などたくさんあります。

ですから、湯シャンをしたからといって髪のダメージが回復することはありません

(皮脂が髪に残ってダメージが回復したようには見えますが、あくまでもダメージが回復したように見えるだけですからね)

 

反対に、頭皮には天然のバリア機能があります。この天然のバリア機能を果たしているのが、悪者にされることが多い「皮脂」です。

 

皮脂は、薄い膜で頭皮全体を覆い、乾燥や紫外線などの外部刺激から頭皮を守ったり、細菌の侵入を防ぐ重要な働きをしてくれています。

皮脂が天然のバリア機能を果たしてくれているわけです。

>>皮脂が多いとハゲル・薄毛になる?

 

ただ、洗浄力と脱脂力の強い高級アルコール系シャンプーを使うと、「必要な皮脂まで根こそぎ洗い流してしまいます。」

そうなると、頭皮は必要以上に乾燥してしまい、痒みが出たり炎症が起きやすくなるわけです。

 

湯シャンでは頭皮に必要な皮脂を残すとしていますが、あえて湯シャンをしなくても髪と頭皮に優しいシャンプーに変えれば良いだけのこと。

根本的に髪にはバリア機能や自己修復機能がないですし、頭皮に必要な皮脂を残すならシャンプーを変えれば良いだけなので、湯シャンによって髪と頭皮が本来持つバリア機能を取り戻すというのはどうかと思います。

>>髪と頭皮に良いシャンプーの選び方3つのポイント

 

湯シャンをすれば抜け毛が減る・薄毛が改善する?

湯シャンをすれば抜け毛が減る・薄毛が改善するという記事を見かけますが、本当にそうでしょうか…苦笑

この記事を書くために湯シャンを実践している方のブログを幾つか拝見しましたが、湯シャンをやる前からみなさんフサフサでした。

 

それに、抜け毛の増加や薄毛というのは、たった1つが原因ではなく、様々な原因が複雑に絡み合うことで抜け毛の増加や薄毛を招きます。

湯シャンが頭皮刺激を軽減するというのは正しいのですが、それだけで抜け毛が減ったり薄毛が改善することは、理論的に考えてあり得ないことです。

 

※ 特に脂性肌の方は、湯シャンに切り替えるのは慎重になった方が良いです。

脂性肌の特徴として、皮脂の分泌量が人よりも多いという特徴があるので、湯シャンに切り替えることで頭皮に余分な皮脂が残ってしまい、それが炎症や痒みを招く可能性もあるからです。

頭皮に炎症を起こせば、抜け毛の増加や薄毛の悪化もありえますからね。

>>ノンシリコンシャンプーの真実

 

湯シャンではワックスや整髪剤が落ちない

当然ですが、ヘアワックスやヘアスプレーなどの整髪剤は湯シャンでは落とせません。

湯シャンでは落ちない整髪剤を何とかして落とそうとすればするほど、髪と頭皮にダメージを与えることになりますし、頭皮を擦りすぎたら炎症を起こす可能性もあります。

 

ヘアワックスやヘアスプレーを使ったら、シャンプーで落とす。これが整髪剤を使う人にとっての基本です。

 

頭皮の臭いとベタつき

湯シャンをしている時に強烈に残っている印象が頭皮の臭いとベタつきです。

何年もシャンプーで洗ってきた頭皮ですから、たった数日や数週間の湯シャンでは頭皮の皮脂分泌を正常に戻すことはできません。

 

仮に湯シャンをするとしたら、湯シャンをし始めた数日間は頭皮の臭いとベタつきを覚悟した方が良いです。

異性の気になる臭いランキングで、頭皮の臭いは男女ともにTOP5に入っているので、頭皮が臭いだけで嫌な印象を与えかねないですからね。

特に、臭いに敏感な人は我慢するしかないと思います。

>>朝シャンがハゲ・薄毛を悪化させる具体的な理由

 

まとめ

私自身は湯シャンを否定しているわけではなく、あえて湯シャンをしなくても髪と頭皮をケアする方法はいくらでもあると考えています。

湯シャンにどんな効果を求めているのかにもよりますが、湯シャンの効果を得られるまでには半年から1年ほどが目安と言われています。

しかも、湯シャンを毎日実践した場合に限り、半年から1年という目安です。

 

2.3日に1回はシャンプーをする、週末だけは湯シャンをするという場合は、湯シャンの効果を得られるまでに更に長い期間が必要になります。

根本的に湯シャンに育毛・発毛効果はないので、湯シャンブームが過ぎたあとに後悔しない為にも、頭皮環境を整えるのが目的であれば、髪と頭皮に良い(優しい)シャンプーに変えた方が得られるメリットが多いと思います。

流行ってるから髪と頭皮に良いわけではないですからね。

 

>>シャワーは髪と頭皮にダメージを与える?

>>ノンシリコンシャンプーの真実

 

薄毛を改善させる育毛促進プラス

薄毛に悩む独身アラサー・30代男性に最適?!チャップアップの効果体験レポ

効果の高い育毛サプリの選び方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PAGE TOPへ