睡眠不足は抜け毛が増える?健康な髪が育たない。それだけです。

睡眠不足によって健康な髪が育たないただそれだけの事です。

睡眠不足が続くと、ニキビができたり肌が荒れたりしませんか?

気がついていないだけで、いつも以上に抜け毛が増えている可能性がありますよ。

 

頭皮も肌と同じなので、肌に異常が起きるようなら頭皮にも異常が起こっている事が考えられます

さらに、睡眠不足は弱気な髪を育て続けるので、健康な髪はいつまで経っても生えてきません。

 

睡眠中は、1日の中で最も髪を成長させる時間帯なので、薄毛に悩んでいる方はシッカリと睡眠時間を確保していると思っていますが・・・

頭頂部の薄毛・生え際の薄毛のどちらにしても、髪の悩みを抱えている方は、質の高い睡眠をとるべきです。

>>良質な眠りで髪を育てる!質の高い睡眠育毛法まとめ

 

髪を増やして、抜け毛も薄毛も予防する

チャップアップの証拠画像

ハゲるかもしれない不安やストレスではなく、髪が増える自信、髪が抜けない自信があると、余計な心配をしなくて済みます。

>>育毛剤チャップアップの効果・口コミ体験レポ

頭皮画像を公開しているので、ハゲたくない方はクリックしない方が良いです。

 

寝不足は、弱気な髪を作り出す

人間にとって必要な睡眠は、身体の休息・修復・成長この3つの働きがあります。

身体の休息・修復・成長この3つを促しているのが、睡眠中に分泌される成長ホルモンといわれるホルモンの一種

睡眠不足によって肌荒れが起こるのも、身体の機能回復ができず症状が早くでやすいのが肌だからです。

 

睡眠中に分泌される成長ホルモンが、細胞を活性化させ身体の機能回復を促すわけですが

睡眠中に髪が最も成長すると言われているのも、この成長ホルモンの分泌が盛んな時間帯だからです。

つまり、健康な髪を育てる為には成長ホルモンが必須になります。

 

睡眠不足よって成長ホルモンの分泌が衰えて髪が育ちにくい状態になり、寝不足が続くと抜け毛が増える原因にもなります。

ハリ・コシのない髪 ・毛包が虚弱な髪  ・髪が細く弱い ・洗髪中の異様な抜け毛の本数

睡眠不足は、弱気な髪が育ちやすくなります。弱気な髪は、細く抜けやすい。

睡眠をシッカリと取り、髪を育てる成長ホルモンの分泌を促す努力をしなければなりません。

>>男性ホルモンは抑えられない・・・ から禁欲は基本的に意味がない

 

大人の薄毛が改善されにくい原因も成長ホルモンにある?

成長ホルモンが髪の成長にとって欠かせない理由は3つあります。

成長ホルモンが髪の成長させる働き

  • タンパク質のアミノ酸代謝の促進
  • 日中に受けた頭皮ダメージの回復
  • 細胞の活性化

>>健康な髪を育てる!育毛サプリの選び方

 

健康な髪を育てる為に重要な働きをしている事が分かると思います。

健康な髪を育てる為に必須の成長ホルモンですが、10代をピークに年齢と共に減少していきます。

 

成長ホルモン分泌年齢

グラフのように10代に比べて、20代でガクッと落ち年齢と共に成長ホルモンの分泌量が減少していく事が分かると思います。

成長ホルモンの分泌量が多い10代は健康な髪が生えてきやすいので、薄毛になりにくいわけです。

寝る子は育つと言った話も間違っていませんよね。

シッカリと睡眠は摂れていますか?

 

髪を育てる成長ホルモンの分泌ピークは2つ

成長ホルモンの分泌ピークは2つあります。

 

睡眠後1時間半前後

成長ホルモンが分泌され始めるのは、就寝後30分~1時間ほどで分泌され始め、就寝後1時間半から2時間で成長ホルモンの分泌がピークになります。

 

浅い眠り(レム睡眠)は成長ホルモンの分泌が低く、睡眠が深い(ノンレム睡眠)ほど成長ホルモンがより多く分泌されます。

この波は起床するまで続き成長ホルモンの分泌され続けます。

睡眠中分泌ピーク

 

午前1時~2時

1日を通して成長ホルモンの分泌が多いのが23時~2時にかけてですが、成長ホルモンの分泌がピークになるのは午前1時~2時です。

21時くらいから成長ホルモンが分泌され始め、午前1時~2時前後にかけて成長ホルモンの分泌がピークに達します。

1日の分泌ピーク

 

成長ホルモン分泌のピークは、就寝後1時間半前後と午前1時~2時の2つがあります。

この2つの波をうまく取り入れて、23時~24時半の間に眠りにつく状態にして、就寝後1時間半後に午前1時~2時を迎えて、髪の成長が最大になるようにすることができます。

 

この眠りにつくリズムは、今でもできる限り取り入れるようにしていて、髪の栄養を摂ることと、睡眠は今でも健康な髪を維持する為に行っています。

初期の薄毛の方なら、育毛剤など使わなくても髪の栄養と睡眠で改善できると思いますよ。

 

毎日寝る時間がバラバラで生活リズムが崩れているような場合は、成長ホルモンの分泌ピークも減少します。

社会人の場合仕事の付き合いや、お酒を飲む機会が多く不規則な生活リズムに陥りがちですが、できる限り規則的な生活リズムを心がける事が本当に大切です。

 

睡眠不足は髪が育たないだけ まとめ

若い方や薄毛に悩んでいる方でも、寝不足を自慢する方が稀にいますが寝不足  =  かっこいい  は大きな勘違いです。

 

寝不足自慢が話していることを、言い換えると「自分の身体をイジメて自然回復を阻止してやったぜ、こんな俺ってカッコいいだろ!?」と言ってるのと変わりません。

ドMですか?って話です。

 

自分のドM自慢をするくらいなら、いかに健康的な生活を心掛けているか?を話せるようになりましょうよ。

私は周りから「健康志向が高すぎる・健康に気を使うの早よね?」などと言われますが、何を言われても全く気にしていませんし、ましてや健康オタクでもありません。

自分の身体を労わり、少し気をつかっているだけです。

 

自分の身体に少し気を使うだけで「健康オタク」と言われるほど、世の中の人たちは自分の身体を平然と酷使しています。

それが当たり前・カッコイイとさえ勘違いしているほどです。

 

健康に気をつかいだすのは、ある程度年齢を重ねたらと思っている方が多いですが、健康に気を使い始めることに年齢など関係ありません。

不健康であったり、身体にダメージがある状態では薄毛は改善されません。

何度か触れていますが、髪は健康な身体があってはじめて生えてきます。

特に、生え際の復活をしたいならなおさらです。

 

いつも不規則な生活リズムで、就寝時間や睡眠時間がバラバラになりがちな方は、最低限として睡眠時間を確保するなど改善するように心掛けてみて下さい。

髪は必ず生えてきます。

 

今回睡眠について触れたので、次回は今も実践している「良質な睡眠育毛」についてお話しします。

 

 

薄毛を改善させる育毛促進プラス

薄毛に悩む独身アラサー・30代男性に最適?!チャップアップの効果体験レポ

効果の高い育毛サプリの選び方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PAGE TOPへ