ドラッグストアの商品で薄毛が改善できない理由

最近抜け毛が増えたな… おでこが広くなった気がする… 最近薄くなったねと言われた…

髪の悩みを抱え始めると、何とかして抜け毛を減らしたい・薄毛を改善したいと思うのは当然の事ですが、そこで多くの方が通るのがドラッグストアで売られている商品を使うこと。

ドラッグストアで売られているヘアケア関連の商品は安いですからね。

私自身も髪の悩みを抱え始めた頃は、ドラッグストアに売られている商品に手を出したこともあります。当時の私と同じように、ドラッグストアで売られている商品に手を出した事がある方も多いと思います。

ですが、ドラッグストアで売られている商品で抜け毛を圧倒的に減らしたり、薄毛を改善させる事は「ほぼ不可能」です。これは実体験から言えることですし、実際ドラッグストアで売られている商品を使って、薄毛が改善したという方を聞いたことがありません。

そこで今回は、なぜドラッグストアで売られている商品で薄毛が改善できないのか、その理由も含めて説明していきます。

 

ドラッグストアで売られている商品は予防がメイン

結論から先にお話ししますが、ドラッグストアで売られている商品の多くは「抜け毛・薄毛予防」はできても、抜け毛・薄毛改善効果のある商品がありません。

その代表例になるのが、サクセス育毛トニックやリアップ薬用育毛トニックなど、育毛トニックと呼ばれる商品です。

以前、育毛剤とヘアトニックの違いってなに?中身も違えば効果も違うこちらでお話ししましたが、育毛剤と育毛トニックでは中身も違えば得られる効果もまったく違います。

考えて見れば当然なのですが、わずか1,000円程度の商品で髪の毛が生えてくるようであれば、1万円近くする育毛剤も必要ないですし、さらに高額なクリニックなどの薄毛治療も必要がなくなるわけですからね。

ドラッグストアで売られている商品は身近に感じますし、CMや雑誌広告で頻繁に見かけることが多いので「手に取りやすい」「効果がありそう」な感覚になりやすいのです。

ですが、実際のところ抜け毛・薄毛改善効果はほぼありません。

その証拠に、育毛剤チャップアップとサクセス育毛トニックに配合されている成分を比較してみると、その違いは明らかです。

 

チャップアップに配合されている成分

チャップアップ

センブリエキス ・グリチルリチン酸ジカリウム ・塩酸ジフェンヒドラミン ・精製水・エタノール ・D-パントテニルアルコール ・ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 ・ラウリルジメチルアミンオキシド液 ・濃グリセリン ・ビワ葉エキス ・海藻エキス・ボタンエキス ・シナノキエキス ・ヒキオコシエキス ・ヒオウギ抽出液 ・クロレラエキス ・オウゴンエキス ・ローマカミツレエキス ・アルニカエキス・オドリコソウエキス ・オランダカラシエキス ・ゴボウエキス ・セイヨウキズタエキス ・ニンニクエキス・マツエキス ・ローズマリーエキス ・ニンジンエキス ・サクラ葉抽出液 ・乳酸ナトリウム液・L-プロリドンカルボン酸 ・L-アルギニン酸 ・DL-プロリドンカルボン酸ナトリウム液 ・L-アルギニン酸 ・水酸化ナトリウム ・グリシン ・L-アラニン ・L-セリン ・L-バリン ・L-プロリン・L-スレオニン ・L-イソロイシン・L-ヒスチジン ・L-フェニルアラニン・Lジオウエキス ・カモミラエキス ・ショウキョウチンキ ・ダイズエキス ・1.3-ブチレングリコール ・ドクダミエキス ・チョウジエキス ・マロニエキス ・ウメ果実エキス・チンピエキス ・センキュウエキス ・トウキエキス・無水エタノール

 

サクセス育毛トニックに配合された成分
・トランス-3,4’-ジメチル-3-ヒドロキシフラバノン、・ニコチン酸アミド ・ピロクトン ・オラミン ・エタノール ・水、二酸化炭素 ・ユーカリエキス ・黄杞エキス ・トウガラシエキス ・メントール ・dl-カンフル ・BG ・ヒドロキシプロピルセルロース ・イソノナン酸イソノニル ・乳酸 ・無水エタノール

 

上記をご覧になって頂くとわかりますが、育毛剤チャップアップはサクセス育毛トニックの4倍以上もの成分を配合しています。

チャップアップの成分配合量はズバ抜けていますが、サクセスに代表されるように、ドラッグストアで売られている商品の殆んどは配合されている成分が非常に少ないのが現実です。

多少でも成分について詳しいと、そんなんで髪が生えるなら苦労しないと思うような商品が非常に多いです。

ちなみに、チャップアップはネット通販限定で販売されている育毛剤なので、どのお店にいっても手に入れることができません。

話を戻しますが、ドラッグストアで売られている商品は「予防がメイン」でしかないので、少しでも髪の悩みがある場合は、ドラッグストアで売られている商品には手を出さない方が良いです。

悩みがあるにも関わらず予防ばかりしていても、お金を無駄にするだけですし、髪の毛まで失いかねないですからね。

 

通販で育毛アイテムを手に入れるデメリット

ドラッグストアで売られている商品は「予防しかできない」として、通販で手に入る育毛剤や育毛サプリにもデメリットがあります。

それは、商品を実際に確かめることができないということ。

チャップアップもそうですが、基本的に効果の高い育毛剤や育毛サプリというのは「ネット通販限定で販売されているのが殆んど」です。

ですので、実際に購入して商品が届くまで分からないというのがデメリットとしてあげられます。

ただ、育毛関連のアイテムの殆んどには「全額返金保障」がついているので、実際に試してみて「これは自分に合わないな…」と感じたら、返金保障を申請することができます。

このブログで紹介していないだけで、いくつかの育毛剤を試してみましていますが、「効果がない」と判断したモノに関しては返金保障を申請しています。

通販限定の育毛剤や育毛サプリだと、実際に使ってみるまで効果の程は分かりませんが、返金保障が付いていれば安心して試す事ができますよね。

少なくとも、ドラッグストアで売られている改善効果のないヘアケア商品を使い続けるよりも、通販限定の育毛アイテムの方が圧倒的に効果的だと思います。

 

まとめ

ここまで、ドラッグストアで売られている商品に抜け毛・薄毛改善効果がない理由について説明してきました。

基本的に、抜け毛が増えたり薄毛が進行する原因というのは、たった1つが原因ということはまずありえません。

それこそ、AGAであったり髪の栄養不足、睡眠不足、血行不良など様々な原因が複雑に絡み合う事で薄毛は進行していきます。

ですので、ドラッグストアで売られている商品では手に負えないというのも1つの理由なんですよね。

例えば、インフルエンザになった時に「ドラッグストアで売られている薬で治そう」とは思わないですよね。

骨が折れているのに「ドラッグストアで売られている包帯とテーピングで治そう」なんて思わないですよね。

※ 「病院に行っても骨を固定してリハビリするだけだし、指の骨折ぐらいであれば自力で治せるよ」と、理学療法士の方が読んだら思うかもしれませんが、それはここでは置いときましょう。苦笑

つまり、抜け毛や薄毛を改善するためには「それにあった専門的な治療アイテムが必要になる」ということです。

その為の育毛剤であり、薄毛治療クリニックがあるわけですからね。

根本的にドラッグストアで売られている商品はメーカーの利益が優先された商品ばかりなので、抜け毛抑制効果・薄毛改善効果はないと考えた方が良いです。

そんな商品を使ってもお金を無駄にするだけですし、大切な髪の毛まで失うことになりかねないですから。

既に、髪の悩みを抱えている方は、少しでと短期間で悩みを解消する為にも、専門的な育毛剤や育毛サプリを選んでみて下さい。

それが最短ルートだと思います。

 

薄毛を改善させる育毛促進プラス

薄毛に悩む独身アラサー・30代男性に最適?!チャップアップの効果体験レポ

効果の高い育毛サプリの選び方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PAGE TOPへ