その薄毛はAGAが原因かも?まずは簡単なセルフチェックで自己検査

  • 食生活を見直しても抜け毛が減らない
  • 生活習慣を見直しても髪が生えてこない
  • シャンプーや育毛剤を使ってもダメ

何をやっても抜け毛が減らず髪が生えてこない場合は、AGAによる脱毛症が進行しているのかもしれません。

まずは簡単なセルフチェックで、自分がAGAを発症しているか確かめてみて下さい。

 

AGAの特徴的な症状

  • 生え際が後退しておデコが広くなった
  • 頭頂部が薄くなり頭皮が透けて見える
  • M字ハゲ・てっぺんハゲが気になる
  • 抜け毛の量が増えた
  • 髪を切ってないのに、短い抜け毛が目立つ
  • 毛根が細く尖っている抜け毛が多い
  • 昔に比べて髪にハリやコシがなくなった
  • 髪をセットするのに時間が掛かるようになった
  • 20代なのに髪が薄くなってきた
  • 近い親族に髪の薄い人がいる

上記のような症状はAGA以外の場合でも、過度なストレス、髪の栄養不足、睡眠不足、不規則な生活習慣などで起こる場合もあります。

ただし、ある時から急激に抜け毛が増えたり、上記の項目に多数当てはまる場合はAGAを疑った方が良いです。

 

特に、20代30代とまだ若いにも関わらず、生え際が後退した、頭頂部が薄くなった場合は、AGAによってまだ育つ髪が抜け落ちている可能性があります。

AGAは放っておくと薄毛が進行する厄介な症状なので、気づいた時に早めの対策が必須です。

冗談ではなく、1年後3年後の見た目を左右しますよ。

>>若ハゲの大敵AGAとは?発症原因とメカニズムを解説

>>AGA対策サプリの選び方まとめ

 

ちなみに、男性ホルモンが増えてもハゲることはありませんが、AGAを発症しているとオナニーや筋トレでハゲる可能性が高くなるので要注意です。

>>男性ホルモンが増えてハゲる人・薄毛にならない人

>>筋トレをしてハゲる人・ハゲない人の分かれ道

薄毛を改善させる育毛促進プラス

薄毛に悩む独身アラサー・30代男性に最適?!チャップアップの効果体験レポ

効果の高い育毛サプリの選び方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PAGE TOPへ