不足していませんか?髪に必須の栄養素・亜鉛

髪に必須な3つの栄養成分について、今回は最後の亜鉛についてお話ししていきます。

亜鉛は、髪の成長を促したり脱毛原因を抑制し改善するなど
育毛・発毛にとって重要な働きをする優秀な栄養素でもあります。

現代人にとって亜鉛は、不足しがちな栄養素としても有名ですが
亜鉛は効果を実感しやすい育毛栄養素なので普段から意識して摂ることが大切です。

また、亜鉛は「育毛栄養素といえます。

 

髪が育たない・薄毛が気になるのは亜鉛不足のサイン?

食生活の変化やストレスの多い世の中で暮らす現代人は亜鉛不足とも言われています。
以下に当てはまる方は亜鉛が不足の注意が必要です。

・精力が衰えた ・射精の回数が多い ・立ちが悪い ・疲れやすい ・気力がない ・偏食 ・小食
・コンビニ、インスタント食品が多い ・お酒を飲む頻度が高い ・激しい運動をする ・ストレスを感じる頻度が高い

亜鉛は、牡蠣・豚レバー・牛もも肉・アーモンド・卵黄などに多く含まれていますが
厄介な事に、亜鉛は不足しがちな栄養素である上に、吸収率が悪く失いやすい栄養素でもあるんです。

 

大切な亜鉛を失うキッカケ・タイミング
  • ストレスを感じると亜鉛を大量に消費
  • お酒を飲むとアルコールの分解に亜鉛を消費
  • 仕事や激しい運動で汗をかいたり疲労を感じると亜鉛を消費
  • 射精をすると亜鉛を体外に排出

ストレスを感じないなど考えられませんし、お酒が好きな方が育毛に取り組む場合は死活もんだいかもしれません。
亜鉛は不足しがちな栄養素にも関わらず、上記のように失うキッカケやタイミングが頻繁にあります。

髪を育てる育毛亜鉛サプリメント

 

亜鉛不足が招く薄毛と症状

先ほどのチェック項目で、3つ以上当てはまる方は亜鉛を意識的に摂ることを勧めますが
亜鉛不足が招く薄毛と、主な症状についてまとめます。

 

亜鉛不足が招く薄毛の症状・状態
  • 抜け毛の増加
  • 髪にハリやコシがなく元気がない
  • 健康な髪が育ちにくくなる

 

精力の衰え

亜鉛と精力は密接な関係があり、健康な精子を作る上でも欠かせません
また、射精によって亜鉛が多く失われるので意識して摂るようにします。

 

精神的ダメージの蓄積

最近特に、疲れやすい ・気力がない ・元気がでない
前向きに生きる為のバイタリティーを高める働きがある亜鉛が不足しているかもしれません。

 

食生活の変化によって外食・コンビニ・インスタント食品などが多く、またストレス社会で暮らす現代人にとって
亜鉛は意識しないと摂りにくく、さらに失いやすいため不足しがちとされています。

 

髪を育て・抜け毛を防ぐ亜鉛の働き

育毛に必須の栄養成分・タンパク質でお話ししていますが
髪の99%はケラチンタンパク質で構成されています。

亜鉛には、食事などで摂ったタンパク質をケラチンタンパク質として吸収を促す働があります。
タンパク質を一生懸命摂ったとしても、亜鉛が不足していたら髪の栄養に変換させることができません。
髪を育てる上で亜鉛は必須栄養素です。

また亜鉛の見逃せない働きとして、抜け毛・薄毛の原因を抑制する働きがあります。
育毛を促していく上で、健康な髪が抜けてしまう状態は改善しておかなければなりませんよね。
健康な髪が生えてきても、すぐに抜け落ちてしまう状態では薄毛は中々改善されません。

 

必要な亜鉛の摂取量

1日に必要な亜鉛の摂取量は、成人男性で12mg~15mgです。

亜鉛の摂取量は個人によって異なりますが
薄毛を改善して育毛を促すなら30mgは摂っておきたいところ。

体調や日によって亜鉛の摂取量は変えていますが
私は1日50mgを目安に亜鉛を摂っています。

亜鉛の摂取量12mgで計算した場合の目安

牡蠣(生食用)・・・5,6個
かずのこ     ・・・6,7本
豚レバー     ・・・200g
牛もも肉   ・・・300g

牡蠣は別格として亜鉛の含有量が多いですが、比較的亜鉛の含有量が多いとされている牛もも肉や豚レバーでも
かなりの量を食べないと1日に必要な量に届かない事が分かると思います。

 

亜鉛サプリの飲み方と吸収率促進

亜鉛は吸収率の悪い栄養素なので、吸収率を高める工夫が必要です。

亜鉛の吸収率を高める
  • ビタミンと一緒に亜鉛を摂る
  • クエン酸と一緒に亜鉛を摂る
  • キレート加工が施されたサプリが理想的

キレート加工とは、亜鉛サプリをビタミンやクエン酸でコーティングし
亜鉛の吸収率を高める工夫がほどこされた加工を言います。

 

また、亜鉛サプリを1度に大量に飲むと、吐き気・胃痛などの
症状がでる場合があるので飲む時はいくつが注意点があります。

亜鉛サプリを飲む注意点
  • 空腹時を避けて食後1時間以内に飲む
  • 朝昼夜と分けて飲む(私は朝・夕で摂っています)

空腹時や1度に多量に飲むことは避けるようにしてください。
亜鉛の吸収を促し育毛を促進していくためでもありますし、
1度に多量に飲むと吐き気・胃痛・頭痛などの症状がでる場合があるので
最低2回に分けて亜鉛サプリを飲むようにしてください。

また、食事の献立によっても亜鉛の摂りかたを変える工夫もできます。
牡蠣・豚レバー・牛もも肉などの亜鉛を多く含む食事だった時は、亜鉛サプリの量を日によって変える。

体験談としては、7日ほどで亜鉛の摂りかたに慣れて、調節できるようになってくると思います。

 

失敗しない亜鉛サプリの選び方

亜鉛サプリは種類が沢山ありますが、髪を育てる目的で亜鉛サプリを選ぶ場合のポイントをまとめます。

髪に良い亜鉛サプリは?
  • キレート加工が施されている(亜鉛の吸収率を高める加工)
  • 調節して飲みやすい容量にする(15mg~30mg)

先ほどもお話ししましたが、ビタミンやミネラルと一緒に摂ると亜鉛の吸収率が高まるので
亜鉛サプリを飲む際はビタミンやミネラルを一緒に摂る工夫が大切です。

 

髪の栄養素・亜鉛まとめ

髪の成長に必要な3つの栄養素については、今回の亜鉛で終わりですが
タンパク質・ビタミン・亜鉛は髪の成長にとって必須の栄養素です。

育毛・発毛にとって最も基本になるのが、髪の栄養を摂ることです。
これは体験談ですが、髪の栄養をシッカリと摂るだけでも髪は生えてきます。
その効果を更に加速させるのが育毛剤や育毛シャンプーといったアイテムです。

・タンパク質 ・ビタミン ・亜鉛
まずは、この3つの髪に必須の栄養を摂ることから育毛を始めてみて下さい。

 

>>髪を育てる育毛亜鉛サプリメント3つ

 

 

薄毛を改善させる育毛促進プラス

薄毛に悩む独身アラサー・30代男性に最適?!チャップアップの効果体験レポ

効果の高い育毛サプリの選び方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PAGE TOPへ