育毛剤とスカルプエッセンス。効果が高いのはどっち?

育毛剤とスカルプエッセンス。効果が高いのはどっち?

育毛剤、育毛トニック、スカルプエッセンス。育毛業界は不思議なことに「様々なカテゴリー分けをされている製品」があります。

分かりにくい。。。

育毛剤と育毛トニックの違いについては、そもそも育毛剤とヘアトニックの違いってなに?こちらで解説していますが、育毛剤とスカルプエッセンスの違いって良くわからないという方が多いと思います。

当サイトで紹介している例でいえば、チャップアップが育毛剤で、Deeper 3Dがスカルプエッセンスになります。

そこで本稿では、育毛剤とスカルプエッセンスの違いについて、そして「育毛剤とスカルプエッセンスどちらの方が効果が高いのか」説明していきます。

 

育毛剤とスカルプエッセンスの違い

育毛剤とスカルプエッセンスの違いは、厚生労働省が認めた成分を配合しているかどうかです。

ちょっとややこしいのですが、厚生労働省が認めた成分を規定量以内で配合していると育毛剤(医薬部外品)と表記することができ、厚生労働省が認めていない成分を配合するとスカルプエッセンス(化粧品)の分類にわけられるようです。

キャピキシルを例にあげてみると、キャピキシルは今のところ厚生労働省に認められていない成分なので、キャピキシルを配合するとスカルプエッセンス(化粧品)になります。

つまり、キャピキシルを配合すると育毛剤と表記できないということ。

ややこしく感じるわけですが、日本の法律上決められていることで「厚生労働省に認められている成分が配合されているかどうかの違い」によって、育毛剤とスカルプエッセンスに分けられるようになっています。

法律ってめんどくさいですよね。。

 

育毛剤とスカルプエッセンス、効果が高いのは?

ここが最も重要だと思うわけですが、育毛剤とスカルプエッセンスどちらの方が効果が高いのかということ。

これは非常に難しくて、先ほども説明しましたが、育毛剤とスカルプエッセンスの違いは「厚生労働省が認めた成分を配合しているかどうか」の違いです。

ようするに、育毛剤と呼べるか、スカルプエッセンスと呼ばれるかは、日本の法律上の問題なので

  • 育毛剤だから効果が高い
  • スカルプエッセンスだと効果が低い

とも言えませんし

  • 育毛剤だと効果が低い
  • スカルプエッセンスの方が効果が高い

とも一概に断定できないのです。

なぜなら、厚生労働省が認めている成分を配合しているかどうかの違いなわけですからね。

 

ここで誤解しないで欲しいのは、「厚生労働省が認めていないと効果が低い」「厚生労働省が認めていると効果が高い」という方程式には当てはまらないということ。

私自身も勘違いしていましたが、厚生労働省はあくまでも「その成分を認めているだけ」であって、効果の高さに関しては言及していないのです。

ここもややこしく感じるわけですが、厚生労働省が認めている = 効果が高いというわけではないので、その点だけは注意して下さいね。

日本の法律って非常にややこしいので…

ただ、1つだけ言えることは、キャピキシルなど新しく開発されたエビデンス(科学的根拠)のある育毛成分を試したい場合は、スカルプエッセンス(リリリンンクク)を選ぶ必要があります。

現状、育毛剤と表記できる製品にはキャピキシルを配合することが出来ず、キャピキシルを配合すると自動的にスカルプエッセンス(化粧品グレード)の扱いになるので。

 

現状スカルプエッセンスの方が割高

効果の高さについては断言できませんが、育毛剤とスカルプエッセンスを比較した場合、今のところスカルプエッセンスの方が値段が高い傾向にあります。

チャップアップとDeeper 3Dの値段比較
チャップアップ
(育毛剤)
Deeper 3D
(スカルプエッセンス)
単品 7,400円 13,860円
定期コース 9,090円
まとめ買い 3本 37,200円
(12,400円)
まとめ買い 6本 61,270円
(10,211円)

※ ( )の中は一本あたりの値段

チャップアップよりもDeeper 3Dの方が割高ですよね。

なぜここまで値段に違いがあるのか断定することは難しいのですが、1つは配合されている成分が全く違うことがあげられます。

 

チャップアップの成分一覧

チャップアップ

センブリエキス ・グリチルリチン酸ジカリウム ・塩酸ジフェンヒドラミン ・精製水・エタノール ・D-パントテニルアルコール ・ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 ・ラウリルジメチルアミンオキシド液 ・濃グリセリン ・ビワ葉エキス ・海藻エキス・ボタンエキス ・シナノキエキス ・ヒキオコシエキス ・ヒオウギ抽出液 ・クロレラエキス ・オウゴンエキス ・ローマカミツレエキス ・アルニカエキス・オドリコソウエキス ・オランダカラシエキス ・ゴボウエキス ・セイヨウキズタエキス ・ニンニクエキス・マツエキス ・ローズマリーエキス ・ニンジンエキス ・サクラ葉抽出液 ・乳酸ナトリウム液・L-プロリドンカルボン酸 ・L-アルギニン酸 ・DL-プロリドンカルボン酸ナトリウム液 ・L-アルギニン酸 ・水酸化ナトリウム ・グリシン ・L-アラニン ・L-セリン ・L-バリン ・L-プロリン・L-スレオニン ・L-イソロイシン・L-ヒスチジン ・L-フェニルアラニン・Lジオウエキス ・カモミラエキス ・ショウキョウチンキ ・ダイズエキス ・1.3-ブチレングリコール ・ドクダミエキス ・チョウジエキス ・マロニエキス ・ウメ果実エキス・チンピエキス ・センキュウエキス ・トウキエキス・無水エタノール

 

Deeper 3Dの成分一覧

Deeper 3D

・キャピキシル ・馬プラセンタ ・KGF ・IGF ・水溶性プロテオグリカン ・オクタペプチド-2 ・アセチルデカペプチド-3 ・FGF-1 ・加水分解アナツバメスエキス ・ビオチン ・グリチルリチン酸K2 ・β-グリチルレチン酸 ・パンテニルエチル ・イラクサ根・葉エキス ・ユッカグラウカ根エキス ・ウミクロウメモドキ油 ・ソウハクヒエキス ・ゲンチアナ根茎 ・ビワ葉エキス ・トウガラシエキス ・ユズ果皮油 ・スペアミント油 ・メントール ・銅ペプチド ・リンゴ果実培養細胞エキス ・ヒアルロン酸Na ・ニコチン酸トコフェロール ・ナイアシンアミド・グルコシルヘスぺリジン ・トリコラシルLS9267 ・グルタミン酸 ・グアバ葉エキス ・ビタミンB12 ・グルコン酸亜鉛 ・5αアボキュータ

Deeper 3D効果・体験談レポでも説明していますが、Deeper 3Dには「今までの育毛剤とは全く違う成分が高配合」されています。

その一例が、キャピキシルであり、発毛率が90%を超える毛髪再生医療と同じ成長因子であり、銅ペプチドやりんご果実培養細胞といった成分です。

これら原価の高い成分を高配合しているので、チャップアップとDeeper 3Dの値段が違うわけです。

Deeper 3Dはスカルプエッセンスですが、この製品は効果が高いと思います。使っていて得られた効果が全く違うので。

ただ、同じスカルプエッセンスであっても値段が高いだけで、殆んど効果のない成分を配合している場合もあるので、スカルプエッセンスを選ぶ際は必ず、中身の成分を確かめる必要がありますね。

 

まとめ

ここまで、育毛剤とスカルプエッセンスの違いについて説明してきました。

育毛剤とスカルプエッセンスの違いは、厚生労働省が認めている成分を配合しているかどうかの違いなわけですが、厚生労働省が認めている成分を配合しているからといって効果が高いというわけではありません。

どうしても「認可」と聞くと「効果が高い」と感じてしまいますが、日本の法律上の問題であって、効果とは関係ないんですよね。日本の法律はややこしいです。苦笑

ここまで読んで見て「育毛剤とスカルプエッセンスどちらを選んだら良いのか」と悩んでいる方もいるかと思います。

その場合の選び方として、まだ育毛剤を使った事がない方であればチャップアップをおすすめします。

スカルプエッセンスよりも値段が安いですし、育毛剤と育毛サプリがセットになっていながらコスパが高く「体の中と外から育毛促進ができるから」です。

 

反対に、今まで育毛剤を使っても効果を得られなかった方は、Deeper 3D(スカルプエッセンス)を試してみてはいかがでしょうか。

育毛剤と呼ばれる製品に比べると値段は若干高くなりますが、Deeper 3Dは今までの育毛剤とは配合されている成分が全く違いますし、効果と変化と結果の違いを体験できると思います。

  • 育毛アイテムを初めて使うなら育毛剤。
  • 育毛剤を使っても効果を得られなかった方はスカルプエッセンス。

このような判断基準で選ばれると、失敗しないと思います。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

薄毛を改善させる育毛促進プラス

薄毛に悩む独身アラサー・30代男性に最適?!チャップアップの効果体験レポ

効果の高い育毛サプリの選び方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PAGE TOPへ