成長因子の育毛・発毛力は?気になる効果を徹底検証

個人的に、10代の頃のドフサを取り戻せるのではないかと注目している成長因子(グロースファクター)

この成長因子は、最先端の毛髪再生医療にも使われていて、ハーグ療法やグロースファクター療法などと呼ばれています。

なぜ成長因子に注目しているのかというと、成長因子を使ったハーグ療法の発毛率が90%を超えるほど高い!というところ。しかも、AGA治療薬を使った治療法とは違い、勃起不全や性欲減退、肝機能障害などの副作用のリスクが殆んどなくて良いと評判だからです。

ただ、ハーグ療法の場合、治療費が100万円ほどするらしいので簡単に受けられる治療法ではありませんが、「副作用がない上に発毛率が高い」のであれば嫌が応にも注目しますよね。

そこで今回は、成長因子(グロースファクター)の効果について徹底的に調べたので紹介していきます。

 

成長因子(グロースファクター)ってなに?

成長因子(グロースファクター)

成長因子(グロースファクター)とは、動物の体内において特定の細胞の増殖や分裂を促進する内因性タンパク質の総称である。増殖因子、細胞増殖因子などともいう。Wikipediaより一部抜粋

成長因子(グロースファクター)とは、細胞分裂の指令を司るタンパク質の一種で、動物や植物、もちろん人間の体にも存在している極めて重要な物質です。

「なんだタンパク質の一種か」と思われる方もいるかもしれませんね。

成長因子が発見される前も「タンパク質を塗っただけで人の体に有用な働きなどない」と思われていましたが、研究が進むにつれて「タンパク質の中に細胞分裂を司る物質がある」ことが分かり、それが成長因子と呼ばれるようになったのです。

新陳代謝ってありますよね?

新陳代謝とは新しい細胞を作り出すことを言いますが、人の肌も新陳代謝が起こることで綺麗な肌を作っていますし、髪の毛も新陳代謝が起こることで生えてくるモノです。

で、新陳代謝というのは放っておいても自動的に行われるものではなく、新陳代謝を起こすためには必要な物質があり、それが成長因子というわけです。

成長因子があるから新陳代謝が行われる。

しばらく前の事ですが、京都大学の山中教授がips細胞でノーベル生理学・医学賞を受賞しましたがips細胞も成長因子の1つです。ips細胞を応用した薄毛治療が実用化されれば、髪の再生が可能と言われているほど高い注目を集めています。

極端なことをいえば、成長因子(グロースファクター)がなかったら髪の毛は生えてこないといえるほど、髪との関連性が高く重要な物質が成長因子なのです。

 

成長因子と髪の毛の関連性

先ほどもお話ししましたが、成長因子というのは人の体の至るところに存在していて、細胞の分裂・成長を促す重要な働きをしています。

その中でも髪の毛との関連性でいうと、成長因子は「毛母細胞や毛乳頭細胞などの分裂・成長を促す重要な働き」をしています。

ざっくり説明すると、成長因子が働くことで発毛が促進され、生えてきた髪の毛を抜けにくくするということです。

 

個人的に成長因子は、血行不良や髪の栄養不足以上に重要かもしれないと感じていて、KGF・IGF・FGF・VEGF・EGFなど薄毛改善に効果があると言われている成長因子が沢山あります。

あまり深く掘り下げてもややこしくなりそうなので、薄毛治療に大きく関係している成長因子をピックアップして紹介します。

毛母細胞や毛乳頭細胞の分裂を促進するKGFと呼ばれる成長因子があって、これは「発毛促進因子」と呼ばれています。

KGFという成長因子が働くことで、健康な髪の毛が生えてくる・髪の成長を促進することができます。

次に、毛母細胞や毛乳頭細胞の維持・増殖に働きかけるIGFという成長因子があります。このIGFという成長因子が働くことで、生えてきた髪の毛を抜けにくくする作用があります。

このように、発毛と抜け毛抑制に関係している成長因子がたくさんあって、それぞれが正常に生産され働くことで、発毛を促進し、生えてきた髪の毛を抜けにくくしているのです。

※ 以前解説したキャピキシルという効果の高い育毛成分も、成長因子をブレンドした成分です。

成長因子が減るということは、それだけ細胞分裂が低下するということなので、細い髪の増加・抜け毛の増加・髪の発育不全になるということ。

血行不良を改善したとしても、髪の栄養不足を解消したとしても、細胞分裂を活性化させる能力が低下していたら健康な髪の毛は生えてきません。

料理を作る場合で例えるなら、厳選された食材があって調理器具もバッチリ用意されている。だけど、肝心の料理人がいない。料理人がいなかったら料理が作れないのと同じように、成長因子がなかったら健康な髪の毛は生えてこないといっても過言ではありません。

 

成長因子を使った最先端の毛髪再生医療・ハーグ療法

ハーグ療法とは、頭皮下に直接幹細胞から抽出した成長因子と成長に必要なビタミン、アミノ酸を混合したHARGカクテルを注入することで毛周期を正常なサイクルに戻し発毛を促す方法のこと。 Wikipediaより一部抜粋

冒頭でも触れましたが、成長因子を使ったハーグ療法は発毛率が90%を超えるほど高いという結果が出ています。

しかも、AGA治療薬を使った治療法とは違い、勃起不全や性欲減退、肝機能障害など副作用のリスクが殆んどなくて良いと評判なのが「成長因子を使ったハーグ療法」なのです。

90%を超える高い発毛率だからこそ試してみたくなりますが、ハーグ療法は保険適応外のため1回の施術で6万~の費用がかかるようです。それを月に1回最低半年以上と言われているようなので、どんなに安く見積もっても50万以上の金額がかかります。

90%以上の発毛率を体感するには、1年ほどのスパンで見る必要がありそうで、高い発毛率を誇っているからこそ試してみたくなりますが現実は中々それが難しい。。。

なぜここまで、ハーグ療法の治療費が高いのかというと成長因子の原価がめちゃくちゃ高額だからです。

研究開発費で膨大な予算がかかっているからだと思いますが、0.00001gで数万円とかします。苦笑

それ故に、成長因子をブレンドしている効果の高いキャピキシルも同じように原価が高いのではないかと。

 

話を戻しますが、成長因子を使ったハーグ療法は発毛率が高い代償に治療費が驚くほど高いので、中々一般人には手が出せないですよね。

それでも、実際に成長因子を使った毛髪再生医療があり、その上発毛率が90%以上と高いわけですから「成長因子の効果は間違いない」と判断できます。

 

なぜ成長因子を注入すると発毛率が高いのか?

初めにもお話ししましたが、成長因子というのは発毛を促進し、生えてきた髪の毛を抜けにくくする重要な働きがあります。

ではなぜ、成長因子を使うと発毛率が高いのかというと加齢に伴って成長因子の生産量が減少するからなのです。

発毛を促進し、生えてきた髪の毛を抜けにくくする成長因子ですが、「20歳前後をピークに成長因子の生産量自体が減少する」と言われています。

成長因子の生産量が減るということは、毛母細胞や毛乳頭細胞の分裂が低下するということですから、細い髪の増加・髪のミニチュア化・髪の発育不全に陥りやすくなるというわけですね。

髪が薄くなる原因は様々ですが、その中でも加齢による薄毛は成長因子の生産量が低下することが原因の一つと考えられています。

他にも成長因子が減少している実感を持てるポイントはあって、年齢を重ねるにつれて傷の治りが遅くなったように感じますよね?(私は日々痛感しています。苦笑) あれも単なる老化ではなく、成長因子の生産量が減っている証拠ともいえるわけです。

※ 「成長因子が減ると新陳代謝が低下する」と冒頭で説明しましたよね。

発毛促進と抜け毛抑制を司る成長因子は、加齢と共に減少する。

最先端の毛髪再生医療では、加齢と共に減少する成長因子を直接注入することで、高い発毛率をたたき出しているわけです。

 

まとめ

ここまで成長因子の効果について説明してきましたが、非常に長くなってしまいました。。ただ、長くなるということは、それだけ育毛・発毛にとって重要だということでもあります。

成長因子に関して覚えておいて頂きたいのは

  • 成長因子は、発毛を促進し生えてきた髪の毛を抜けにくくする重要な働きがある
  • 成長因子を使った毛髪再生医療は、発毛率が90%を超える上に副作用のリスクがほぼない
  • 成長因子は加齢と共に減少する

この3つです。

成長因子は育毛・発毛にとって非常に重要な働きをしているので、抜け毛や薄毛に悩んでいる方であれば覚えておいて欲しいと思います。

成長因子を配合した育毛剤が少しづつ増えてきていますし、私が知っているだけでも9種類ほどあります。

成長因子を使った薄毛治療の効果が高いので、成長因子を配合した製品にも嫌が応にも期待が高まるわけですが、1つだけ注意点があります。

それは、成長因子にもグレードがあって、グレードが高いほど効果が高く、グレードが低いほど効果が低くなるということです。

成長因子を配合した製品を見ていると、成長因子について具体的に明記しているモノもあれば、成長因子についてサラッと触れているだけで胡散臭いモノもあります。

本当に効果があるのか・・・?という製品ですね。

ですので、成長因子を配合しているから良いとは断言できません。成長因子配合の製品を選ぶ際は、公式サイトに記載されている成分表を見るか、成長因子についてシッカリ触れられているか確認してみて下さい。

成長因子の効果については間違いないと判断していますが、成長因子にはグレードがあるので、グレードの低い成長因子を配合していながら効果が高いように見せている製品には充分注意して下さいね。

>>成長因子を配合したDeeper 3D体験レポ

 

薄毛を改善させる育毛促進プラス

薄毛に悩む独身アラサー・30代男性に最適?!チャップアップの効果体験レポ

効果の高い育毛サプリの選び方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PAGE TOPへ