シャワーは髪と頭皮にダメージを与える?塩素(カルキ)は薄毛の原因になる?

本当なのか嘘なのか、水道水を浄水せずにシャワーを使うと、髪や頭皮がダメージを受ける。という噂。

一部では、「抜け毛や薄毛の原因は水道水に含まれる塩素だ」などと言われていますが、この噂が気になっている方も多いかと思います。

そこで今回は、水道水を浄水せずにシャワーを使うとハゲ・薄毛になるのか?塩素が与える髪へのダメージは強力なのか?検証していきたいと思います。

>>髪を洗わなかった次の日シャンプーで抜け毛が多くなる理由と根拠

 

水道水に含まれる塩素が原因でハゲることはあるのか?

私個人の見解ですが、水道水を浄水せずにシャワーを使ったとしても「ハゲ・薄毛になることはない」と考えています。

冒頭でも触れましたが、一部では「抜け毛や薄毛の原因は水道水に含まれる塩素だ」などと言われていることもありますが、そんな事を言い出したら水泳選手や海上で仕事をしている方全員がハゲ・薄毛になっています。苦笑

 

水泳選手全員がハゲているわけではありませんよね。

 

水道水に含まれる塩素には髪や頭皮のタンパク質を酸化させる働きもあるのは事実ですが、そもそも髪が薄くなる原因というのは一つではありません。

水道水に含まれる塩素だけが原因でハゲ・薄毛になる可能性は限りなく0%に近いです。

むしろ、髪と頭皮に与えるダメージでいえば、水道水に含まれる塩素よりも、高級アルコール系シャンプーを使っている方が、よほど髪と頭皮にストレスとダメージを与えています。

>>髪と頭皮に良いシャンプーの選び方まとめ

 

そこで、以下からは、水道水に含まれる塩素が原因でハゲ・薄毛にならない具体的な理由を解説していきます。

 

水道水やプールに含まれる塩素濃度

私たちが普段利用している水道水には、減菌処理のために浄水場で塩素が投入され、水道水にはわずかながら塩素が残留しています。

この塩素には髪や頭皮のタンパク質を酸化させる働きがあり、浸かり続けると、髪がキシんだり、頭皮がカサつきやすくなると言われています。

 

塩素でいえばプールを想像される方もいるかと思いますが、プールって水道水以上に塩素くさいですよね。

しかも、プールから出た後って、髪がキシキシしたり頭皮がカサカサしますが、それはプールに残留している塩素が原因の一つです。

 

突然ですがここでクイズを出します。

プールの塩素濃度は、水道水と比べてどのくらい入っていると思いますか?

・・・

・・

正解は「プールも水道水もほぼ同じ塩素濃度」です。

 

もちろん、住んでいる地域や地区によって多少のバラツキはありますが、プールも水道水もほぼ同じ塩素濃度なのです。

※ プールには「遊泳用プールの衛生基準」というものがあって、残留塩素濃度が0.4mg以上1.0mg以下に定められています。

水道水には、水道法(水道法施行規則)があり、残留塩素濃度が0.1mg以下1.0mg以下に定められています。

 

塩素が原因でハゲ・薄毛にならない理由

水道水とプールに含まれる塩素濃度はほとんど同じ。この事実を初めて知った方も多いと思うので、意外に感じた方も沢山いるのではないでしょうか(私は驚いたほどなので)

冒頭でもお話しましたが、一部では「抜け毛や薄毛の原因は水道水に含まれる塩素だ」などと言われていますが、それはほぼありえません。

水泳選手が全員ハゲていないのが何よりの証拠です。

それに、抜け毛や薄毛の原因というのはたった1つだけでなく、様々な原因が複雑に絡み合うことで抜け毛の増加や薄毛を招きます。

皮脂が多いとハゲル・薄毛になる?例のあれです。メーカーの

 

薄毛になる原因

ですので、水道水に含まれる塩素濃度が原因でハゲるというのは、物理的に考えて無理があります。苦笑

 

水道水に含まれる塩素濃度が原因でハゲると主張している一部の方やメーカーが言っていることは

  • 髪の毛がパサパサする
  • 枝毛や切れ毛になりやすい
  • 頭皮が乾燥しフケや痒みがでる

これらの原因を、無理やり水道水に含まれる残留塩素濃度と結びつけて、強いては水道水が原因で抜け毛や薄毛になると主張しているわけです。

髪の毛がパサパサする、枝毛や切れ毛になりやすい、頭皮が乾燥しフケや痒みがでる原因は他にもいくらでもありますからね。苦笑

 

髪の毛がパサパサする原因

髪がパサつく原因は塩素濃度以外にも、以下のようなことが考えられます。

  • 紫外線
  • ドライヤーの熱風
  • ヘアカラー
  • パーマ
  • 洗浄力の高いシャンプー

水道水の残留塩素濃度だけが原因で髪がパサつくなんて、ほぼあり得ないわけです。

>>ノンシリコンシャンプーの真実

 

枝毛や切れ毛になりやすい

枝毛や切れ毛の原因は塩素濃度以外にも、以下のようなことが考えられます。

  • 紫外線
  • ドライヤーの熱風
  • ヘアカラー
  • パーマ
  • 洗浄力の高いシャンプー
  • ヘアアイロン

枝毛や切れ毛の原因に関しても、水道水に含まれる塩素濃度だけが原因とは限りません。

 

頭皮が乾燥しフケや痒みがでる

頭皮が乾燥しフケや痒みがでる原因は、水道水に含まれる塩素濃度以外にも、

  • 紫外線
  • 洗浄力の高いシャンプー
  • バランスの悪い食事
  • 睡眠不足
  • 血行不良

水道水に含まれる残留塩素濃度だけが原因ではありませんよね。

上記の通り、抜け毛や薄毛の原因、さらには髪のダメージに繋がる原因というのは、水道水の塩素以外にも沢山あります。

 

それにも関わらず、水道水の塩素が原因でハゲるなど、根本的に理論が破綻してます。苦笑

むしろ髪と頭皮へのダメージでいえば、水道水の塩素濃度よりも、高級アルコール系シャンプーの方がよほど強烈です。

 

実際、浄水機能付きのシャワーヘッドに変えても抜け毛が改善しないという方が沢山いますからね。

水道水に含まれる塩素でハゲないか心配していた方は、シャワーヘッドを変えるよりも、今使っているシャンプーを見直した方が髪と頭皮にとって良いですし、安く済むと思います。

>>髪と頭皮に良いシャンプーの選び方まとめ

 

塩素の目や肌への影響

ここは余談になりますが、ゴーグルを付けずにプールで泳いだ後、目が真っ赤に充血しているのを見ると「プールには危険な物質が多い」ように想像されるかと思います。

確かに塩素は目を刺激しますが、それだけが原因ではありません。問題なのは、ゴーグルを付けずに水中を泳いでいたこと。

 

目の表面には、潤いを保ち外部刺激から保護する膜がありますが、水中で目を開け続けているとその部分が流されてしまい、刺激を受けやすくなってしまうのです。

お風呂やシャワーの水が原因で痛くなるのも同じ理屈です。

 

皮膚や肌に水道水の塩素が悪影響だという方もいますが、それは酷いアトピーや乾燥肌を抱えている僅かの方だけに限ります。

しかも、そういった主張をしている大元を辿ると高価な浄水器を販売しているメーカーに辿り着きますし、塩素が肌に与える影響については個人的に懐疑的です。

 

というのも、私自身が夏場でも肌がカサカサするほど酷い乾燥肌を抱えていましたが、シャンプーやボティーソープを変え、食事と睡眠に気をつけるようになってから乾燥肌が改善しました。

塩素が原因でアレルギー反応が出るなら別ですが、肌は体の内側から作り出すものですから食事や睡眠を改善する方が先ではないかと思います。

 

シャンプーやボディーソープを変えてもなお肌荒れが出るようなら、水道水に含まれる塩素を疑うべきかと。

原因を水道水に含まれる塩素と断定してしまえば分かりやすいですし、簡単に見えるので飛び付きたくなる気持ちも分かるんですけどね。

 

まとめ

何度かお話しました通り、水道水に含まれる塩素が原因でハゲ・薄毛になることは、ほぼありえません。

水道水の塩素よりも改善すべき原因は沢山ありますし、水道水の塩素ばかり気にしていたら、それがストレスで余計に薄毛が悪化すると思います。

それに、頭皮ダメージでいえば、水道水の塩素よりも高級アルコール系シャンプーの方が強烈ですからね。

塩素でハゲ・薄毛にならないか心配していた方は、まずはあなた自身の髪と頭皮に触れるシャンプーを見直してみてはいかかでしょうか。その方がより効果的だと思います。

>>髪と頭皮に良いシャンプーの選び方まとめ

 

 

薄毛を改善させる育毛促進プラス

薄毛に悩む独身アラサー・30代男性に最適?!チャップアップの効果体験レポ

効果の高い育毛サプリの選び方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PAGE TOPへ