副作用のない育毛剤や育毛サプリの選び方と注意点

抜け毛や薄毛など髪の悩みを抱えている方の中には、副作用が心配で育毛剤が使えない、副作用が心配で育毛サプリが飲めないという方もいるかと思います。

私自身も体に取り入れるものには神経質な所があって、どんなに効果が高かったとしても、副作用のリスクが伴うモノは使いたくありません。

あなたが心配しているように、確かに副作用のリスクが伴う育毛剤や内服薬もありますが、反対に副作用のリスクがない育毛剤や育毛サプリもあります。

そこで今回は、副作用のリスクがない育毛剤や育毛サプリの選び方を紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

副作用のリスクがある製品について知る

副作用のリスクが伴う育毛剤や内服薬というのは、医薬品のプロペシアとミノキシジルに限られます。

すでに知っている方もいるかと思いますが、初めて知った方のために簡単に解説すると、プロペシアとミノキシジルは第一類医薬品に分類される薬で、副作用のリスクが伴うため医師または薬剤師の処方が必要になります。

どんな副作用があるのかというと

ミノキシジル育毛剤の副作用
  • 頭皮の湿疹
  • 頭皮の炎症・荒れ
  • 接触性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎

 

ミノキシジルタブレットの副作用
  • 全身の多毛症(毛深くなる)
  • 血圧の低下
  • 胸の痛み
  • 動悸・頭痛
  • 強い眠気
  • 心室肥大
  • 心外膜液
  • 多臓器不全
  • 糖尿病

 

プロペシア(内服薬)の副作用
  • 性欲減退・ED(勃起不全)
  • 頭痛・腹痛・胃部不快感
  • 肝機能障害
  • 精子形態異常
  • 薬を辞めても、副作用の後遺症が数年間残る可能性がある

副作用が心配で育毛剤などが使えないと考えていた方は、これらの副作用をどこかで聞いて心配になっていたのではないでしょうか?

ミノキシジルとプロペシアは効果が高い代償に副作用のリスクも高く強烈になりますが、副作用のリスクが伴う製品というのは、基本的にプロペシアとミノキシジルの2つに限られます。

 

プロペシアやミノキシジルのような医薬品を避ける

副作用のない育毛剤や育毛サプリを選ぶ上で最も重要なポイントは、プロペシアやミノキシジルといった医薬品を避けることです。

先ほども説明しましたが、プロペシアとミノキシジルの2つは医薬品に分類されているため、これらを使い続けている限り副作用のリスクが常につきまといます。

大袈裟でもなんでもなく、医薬品を使い続けるということは「いつ副作用の症状が現れてもおかしくない」ということなのです。

私自身も副作用のリスクが心配で、それを気にしてストレスを溜める方が髪と頭皮に悪いと考えているので、プロペシアやミノキシジルは使っていません。

ですので、育毛剤などの副作用が心配という方は、これらの2つを選ばないようにしましょう。

そうすれば、体の健康を壊すような重大な副作用を回避する事ができます。

 

副作用のない効果的な製品を選ぶ

プロペシアとミノキシジルは選ばない。これだけで、重大な副作用のリスクを避ける事ができます。

次に重要なのが、副作用のない効果的な育毛剤や育毛サプリを選ぶことになるわけですが、これらについては当サイトでおすすめしている促進アイテムをご覧になってもらった方が早いかと思います。

>>ダブルの効果で促進する育毛セットのレポート

>>効果の高い育毛サプリメントの選び方4つ

色々と試した中から厳選して、実際に私自身が今でも使っている促進アイテムですし、副作用の症状を1度も感じたことがないのでお勧めできます。

上記で紹介していない育毛剤や育毛サプリは、副作用がなくても効果が微妙なので選ばないのが良いかと思います。

 

効果的で副作用のない育毛剤の選び方

  • 人気よりも効果の高さで選ぶ
  • 成分配合量の多い育毛剤であること
  • エビデンス(科学的根拠)があること

効果的で副作用がない育毛剤を選ぶポイントは上記の3つです。

 

人気よりも効果の高さで選ぶ

まず大前提として、人気が高いから・売れているといって効果の高い育毛剤とは限りません。

育毛剤ランキングなるモノがあり、わけの分からない順位付けをしているサイトもありますが、そういった類の育毛剤ランキングは全くあてにならないのです。

ランキングの上位にある育毛剤の成分を調べてみましたが「本当に効果あるの?」と感じる育毛剤ばかりですし、実際に使っている40代の方に聞いてみても「効果があるのか分からない」と言ってました。

育毛剤の成分について詳しくないと、育毛剤ランキングを判断基準にしてしまいがちですが、育毛剤ランキングだけはあてにしない方が良いです。

育毛剤を選ぶ際は、人気の高さよりも効果の高さで選ぶ必要があります。

 

成分配合量の多い育毛剤であること

抜け毛や薄毛というのは、たった1つが原因になることはなく、様々な原因が複雑に絡み合うことで抜け毛の増加や薄毛を招きます。

ということは、少しでも成分配合量の多い育毛剤を選んだ方が総合力が高く、様々な薄毛原因に対応できるということです。

配合されている成分が10種類の育毛剤と、30種類もの成分が配合されている育毛剤であれば、当然ですが30種類の成分を配合した育毛剤の方が効果が高いと判断することができます。

ですので、効果的で副作用がない育毛剤を選ぶ際は、成分配合量の多い育毛剤を選ぶこともポイントになります。

 

エビデンス(科学的根拠)があること

育毛剤に配合されている成分の中には、科学的根拠が全く分からない製品もあります。特に、独自に開発された成分であればあるほど、詳しいデータを公開していない場合が多いです。

その反対に、キャピキシルなど臨床試験データを公開している成分というのは、エビデンス(科学的根拠)があるので、育毛効果について信憑性が高いと判断することができます。

ですので、エビデンス(科学的根拠)のある成分を配合しているかどうかも、1つの基準にするとより効果的な育毛剤が選べるようになります。

※ 成分について詳しくない方は、成分配合量の多さを基準にしてみて下さい。

 

効果的で副作用のない育毛サプリの選び方

  • 髪の元になる栄養が豊富
  • 成分配合量の多い育毛サプリであること
  • 抜け毛原因を改善してくれる成分が豊富

 

髪の元になる栄養が豊富

髪の毛は体の内側から生えてくる以上、髪の元になる栄養が不足していたら、健康な髪の毛はいつまで経っても生えてきません。

髪の元になる栄養は主に、タンパク質・ビタミン群・亜鉛(ミネララル)の3つですが、特にビタミン群と亜鉛(ミネララル)が豊富に配合された育毛サプリを選ぶことがポイントです。

 

成分配合量の多い育毛サプリであること

基本的に髪の元になる栄養というのは、単体では吸収率が悪く効果を発揮しにくいという特徴を持っています。

健康のためと思いサプリメントを飲んでいる方もいるかと思いますが、例えば亜鉛サプリ単体やビタミンサプリ単体を飲んでもそれだけでは吸収率が悪く、実は最大限の効果が発揮できていない可能性が高いのです。

ですので、育毛サプリを選ぶ際は成分配合量が多いアイテムを選ぶことも大切なポイントです。

※ 数千円もするサプリメントの中には、配合されている成分量が数種類というサプリも多いので注意が必要ですね。

 

抜け毛原因を改善してくれる成分が豊富

育毛サプリで髪の元になる栄養を補給し、体の内側から育毛と発毛を促進していくわけですから、抜け毛原因も一緒に改善してくれる成分を配合している育毛サプリの方が圧倒的に効果的ですよね。

フィーバーフュー、ノコギリヤシといった抜け毛原因を改善してくれる成分を配合したサプリを選ぶことも大切なポイントです。

 

まとめ

副作用のない育毛剤・育毛サプリの選び方と注意点について説明してきました。

ここまで説明してきた副作用のない効果的な育毛剤と育毛サプリ選びのポイントをまとめると

1.副作用のリスクが高く強烈なプロペシアとミノキシジルは選ばない
2.効果的で副作用のない育毛剤の選び方
  • 人気よりも効果の高さで選ぶ
  • 成分配合量の多い育毛剤であること
  • エビデンス(科学的根拠)があること

 

3.効果的で副作用のない育毛サプリの選び方
  • 髪の元になる栄養が豊富
  • 成分配合量の多い育毛サプリであること
  • 抜け毛原因を改善してくれる成分が豊富
  • 無添加で副作用がなく安心して飲める

育毛剤にしても育毛サプリにしても、副作用のない促進アイテムを選ぶさいは上記のポイントを参考にしてみて下さい。

私自身が副作用のない育毛剤や育毛サプリを使っていますが、上記のポイントを基準に選んでいますので信憑性が高い選び方だと思います。

副作用のない促進アイテムはどれを選んだら良いのか分からないという方は、当サイトでお勧めしている育毛剤や育毛サプリを参考にしてみて下さい。

>>副作用のないおすすめの育毛剤

>>効果の高い育毛サプリメントの選び方4つ

 

薄毛を改善させる育毛促進プラス

薄毛に悩む独身アラサー・30代男性に最適?!チャップアップの効果体験レポ

効果の高い育毛サプリの選び方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PAGE TOPへ