育毛プロテインの選び方「プロテインで髪を育てる」

髪の栄養であるタンパク質を手軽に補えないものか・・・

髪の栄養であるタンパク質を意識して摂ろうと思っていた時に思いついたのが、良質なタンパク質が豊富に摂れるプロテインでした。

プロテインというと、筋肉増量・太るといったイメージがあるかもしれませんが、プロテインには、ホエイプロテイン・ガゼインプロテイン・ソイプロテインと種類があります。

 

育毛目的で髪を育てる為にプロテインを選んだ場合、これ以上優秀なものはありません。

ちなみに現在でも、髪の栄養を手軽に摂れるプロテインは飲んでいます。

育毛に対する効果の高さから、当サイトでは「育毛プロテイン」と名付けて呼んでいます。

まさにプロテインは、育毛補助食品です。

>>髪を育てる育毛サプリの選び方4つのポイント

 

髪が育たない原因は髪の栄養素不足かも?

プロテインを飲むのは、髪の栄養素タンパク質を摂って、髪が育ちやすい環境を整えること。

 

以下に当てはまる方は、髪の栄養素タンパク質が不足しているかもしれません。

・偏食 ・ダイエット中 ・肉や魚嫌い ・食事を抜く ・小食 ・インスタント食品が多い
・食が細くなった ・筋トレを行っている ・激しい運動を行う ・髪の毛が細い ・肌に元気がない

思い当たる項目がいくつありましたか?

 

育毛・発毛を促していく上で、タンパク質は不可欠な栄養素です。

育毛に必須の栄養成分・タンパク質これがないと髪は生えないでお話ししていますが、髪に必須の栄養素タンパク質の働きと必要性について簡単にまとめておきます。

 

髪の必須栄養素タンパク質

  • 髪の99%をケラチンタンパク質が構成している
  • タンパク質が不足したら髪が育たない
  • タンパク質は人の身体で2番目に多い成分なので、髪に変わる優先順位が低い
  • ビタミン・亜鉛(ミネラル)と一緒に摂ると、タンパク質の吸収が高まる
  • 1日のタンパク質摂取目安は体重1kgに対して、1gが目安

髪の成長にタンパク質は不可欠な栄養なので、普段から良質なタンパク質を摂って髪が育ちやすい環境を整えてあげることが大切です。

 

髪に良い育毛プロテインとは?

プロテインは、

  • ホエイプロテイン
  • ガゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

上記3種類ありますが、タンパク質の種類を動物性タンパク質と植物性タンパク質に分けることができます。

 

ホエイプロテイン・ガゼインプロテイン

ホエイプロテイン・ガゼインプロテインの2つは動物性タンパク質に分類されます

  • 筋肉がつきやすいが脂肪に変わりやすい
  • ダイエットや減量に向かない
  • 筋肉増量で飲むことがほとんど

動物性タンパク質は、牛・豚・鶏などに含まれていて脂肪に変わりやすい特徴があります。

 

運動不足やメタボが気になる方が飲むと、脂肪増加・太る・コレステロール値の上昇などがあるので、育毛目的でプロテインを飲む場合は、ホエイプロテイン・ガゼインプロテインは向いていません。

 

ソイプロテイン

  • 筋肉は付きにくいが脂肪になりにくい
  • ソイプロテインに含まれる大豆イソフラボンにはホルモンバランスを調整する働きがある

育毛目的でプロテインを飲む場合は、ソイプロテインを選びます。

ソイプロテインに含まれる大豆イソフラボンが、女性ホルモンに似た働きをしホルモンバランスを整えてくれます。

ホルモンバランスの調節は、男性の薄毛原因の1つである男性ホルモン対策にもなります。

現在も私が飲み続けているプロテインは、ソイプロテインです。

 

育毛プロテインの飲み方とタイミング

育毛プロテインの飲み方ですが、効果的に飲むポイントが3つあります。

・夜寝る前 ・空腹時 ・食事を抜いた時 以上この3つがポイントです。

 

夜寝る前
  • 就寝の2時間前
  • 付属のスプーン2杯分

髪が最も育つ睡眠中に合わせて良質なタンパク質を摂り、寝ている最中に髪が育ちやすい環境を整えます。

 

空腹時
  • 空腹を感じた時
  • 付属のスプーン1~3杯分

空腹感は身体にとって悪く、身体がエネルギーを欲していると思われがちですが実際はその逆。

空腹時は、食べ物の消化・吸収が終わり身体にエネルギーが行き渡っている状態です。

 

空腹時にお菓子や軽食を摂ると太りやすくなりますが、プロテインを飲めば髪を育てる環境を整えることができます。

 

食事を抜いた時
  • 付属のスプーン3杯分

育毛をする上で、食事を抜くことは絶対に避けたいところ。

仕事が忙しく食事がとれなかった。そんな時は、一食分のタンパク質を補っておく必要があります。

ちなみに、私は牛乳よりも水で溶かした方が好みの味なので、毎回水で割って飲んでいます。

 

育毛プロテインの失敗しない選び方

育毛プロテインを選ぶ際のポイントは2つあります。

  • 大豆由来のソイプロテイン
  • タンパク質の吸収を高めるビタミン・ミネラルを含んでいる

 

タンパク質の吸収を高めて、ケラチンタンパク質の構成を促していく為にビタミン・ミネラルが含まれているソイプロテインが理想です。

ソイプロテインは種類が豊富に販売されていますが、タンパク質が多いだけで育毛には向かないプロテインもあり種類はさまざまです。

今まで色々とソイプロテインを試してきましたが、おすすめできる育毛プロテインは2つです。

 

育毛プロテイン厳選2点

SAVASのウエイトダウンプロテインは、ビタミン・ミネラルの配合量も多く・タンパク質 ・ビタミン ・ミネラルが摂れる高機能な育毛プロテインです。

Kentaiのパワープロテインは、ビタミン類は少ないですが、9種類の必須アミノ酸が配合されています。

この2つはタンパク質・ビタミン・ミネラルが多く、育毛プロテインと呼べるのは、この2つ以外ないと思っています。

 

定価 5,985円
楽天・アマゾン
4,500円前後
楽天市場一覧はこちら

Amazonはこちら
特徴
ソイプロテインの中でビタミン・ミネラルの含有量が最も多く、育毛プロテインとしては、最も優秀なプロテイン。

個人差はありますが、このプロテインが最も飲みやすいと思います。

主要栄養成分(1回分当たり)
成分名 配合量
エネルギー 78kcal
たんぱく質 16.8g
ビタミンA 17μg
ビタミンB1 2.0mg
ビタミンB2 1.2mg
ビタミンB6 0.5mg
ビタミンB12 0.21μg
葉酸 53μg
パントテン酸 0.76mg
ビタミンC 74mg
ビタミンD 1.0μg
ビタミンE 1.3mg
ナイアシン 5.3mg
カルシウム 147mg
6.7mg
マグネシウム 152mg
ナトリウム 210mg
炭水化物 1.1g
脂質 0.7g
ガルシニアエキス 116mg
定価 5,460円
楽天・アマゾン
4,000円前後
楽天市場一覧はこちら

Amazonはこちら
特徴
植物性タンパク質のプロテイン。

タンパク質・ビタミン・ミネラルの他に、9種類の必須アミノ酸が配合された高機能プロテインです。

主要栄養成分(1回分当たり)
成分名 配合量
エネルギー 75kcal
たんぱく質 16.6g
ビタミンA 150μg
ビタミンB1 0.28mg
ビタミンB2 0.32mg
ビタミンB6 0.28mg
ビタミンB12 0.48μg
葉酸 48μg
パントテン酸 1.2mg
ビタミンC 20mg
ビタミンD 1μg
ビタミンE 1.8mg
ナイアシン 3mg
カルシウム 180mg
5mg
マグネシウム 30mg
ナトリウム 163mg
炭水化物 0.16mg
脂質 0.88mg
カリウム 244mg
リン 188mg
ショ糖 0mg
各種アミノ酸
アルギニン 1.2g
リジン 1.0g
ヒスチジン 0.42g
フェニルアラニン 0.82g
チロシン 0.6g
ロイシン 1.26g
イソロイシン 0.74g
メチオニン 0.22g
バリン 0.74g
アラニン 0.68g
グリシン 0.68g
プロリン 0.86g
グルタミン酸 3.12g
セリン 0.82g
スレオニン 0.62g
アスパラギン酸 1.84g
トリプトファン 0.22g
シスチン 0.2g

 

育毛プロテインはかなりおすすめなので、一度実践してみて下さい。

特に、筋トレをしている方や運動が趣味の方におすすめです。

ちなみに、プロテインと育毛サプリを組み合わせると、より効果を実感できるようになりますよ。

 

育毛プロテインと合わせて飲みたい育毛サプリ

ikumou-purotein-020

育毛サプリとの組み合わせでおすすめなのが、チャップアップサプリです。

この育毛サプリは、ビタミン群・亜鉛(ミネラル)など髪の元になる栄養から、抜け毛改善・育毛促進をする成分までがとにかく豊富に配合されています。

配合されている髪と頭皮に良いは30種類以上。

私自身が実感しているからという理由もありますが、体に影響するような副作用のリスクも一切ないので安心して飲み続けられます。

髪の悩みを抱えている男性に最もおすすめの育毛サプリです。

>>チャップアップサプリの詳細はこちら

 

薄毛を改善させる育毛促進プラス

薄毛に悩む独身アラサー・30代男性に最適?!チャップアップの効果体験レポ

効果の高い育毛サプリの選び方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PAGE TOPへ