ノンシリコンシャンプーの人気ランキングも効果なし?デタラメな噂の真実

ノンシリコンシャンプーは髪にも頭皮にも優しいので、育毛にはノンシリコンシャンプーがおすすめです。

 

デタラメばかり言わないでください と言いたいわけですが、育毛にシリコン・ノンシリコンなど関係ありません。

重要なのは、シャンプーに含まれる洗浄成分です。

 

育毛に効果的とされているノンシリコンシャンプーを使って抜け毛が増えたかも?と感じる方は、車の洗浄成分で頭皮を洗っているかもしれません。

>>髪と頭皮に良いシャンプーの選び方3つのポイント

 

シリコンは毒性が極めて低い

噂では、シリコンは毛穴を詰まらせるので細い髪・抜け毛が増加する原因になると言われていますが、これは全くのデタラメです。

確かにシリコンは、髪と頭皮の表面をコーティングしますがベッタリと付着するのではなく、網目の粗いガーゼで頭皮を覆うようなイメージです。

網目の粗いガーゼなので、空気も水も育毛剤の成分も通します。

 

シリコンは毛穴を塞ぐって誰が言い出したんでしょうか。苦笑

シャンプーやリンス・トリートメントなどに含まれるシリコンは、髪の艶を出したり紫外線から髪や頭皮を守ってくれる優秀な働きをしてくれます。

シリコン自体は、毒性が極めて低い優秀な成分なのです。

>>ノンシリコンシャンプーの真実

 

洗車用の洗浄成分で頭皮を洗っているかも?

今使っているシャンプーのボトル裏面、またはパッケージの成分表を見て欲しいのですが。

 

まずは、成分表一覧の上から4.5番目以内に、以下の成分が含まれているか確認してみて下さい。

  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸TEA
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • パレス-3硫酸アンモニウム
  • スルホコハク酸ラウレス2Na
  • ジステアリン酸グリコール
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩
  • オレフィンスルホン酸Na
  • テトラデセンスルホン酸Na

これらの洗浄成分は、製造コストが低く大量生産が可能で、泡立ちが良いといった利点があり、ドラッグストアで手に入る市販のシャンプーのほとんどにラウレス系の洗浄成分が含まれてます。

上記の成分は、洗浄力・脱脂力ともに強烈な化学薬品で、洗車液や工業用洗剤に使われていたりもします。

 

髪に良いとは商品名だけで、デメリットしかないシャンプーが横行してるんですよね。

想像してみてください。

 

強烈な成分が含まれたシャンプーで、365日髪と頭皮を洗っていたら・・・すすぎが不十分で洗浄成分が残っていたら・・・ハゲ・薄毛になるとしても不思議ではないですよね。

そして、ラウレス系の洗浄成分を使ったシャンプーには、かなりの高確率でシリコンが使われています。

 

強烈な洗浄成分で髪を洗ったら、洗髪中の髪はギシギシ・ゴワゴワして絡まるばかりで洗えない。また、洗い上がりの頭皮はガッサガサに乾燥します。

このギシギシ・ゴワゴワ・バッサバサを誤魔化す為に、シリコンが使われるわけです。シリコンを配合することで、髪を洗っている最中の指通りを滑らかにしているのです。

 

臭いものには蓋をするとは、まさにこの事です。

  • 毒性の極めて低いシリコン
  • 洗浄力・脱脂力共に強烈な洗浄成分

 

どっちが髪や頭皮に悪いかは明白ですよね。

 

ラウレス系の洗浄成分が含まれるシャンプー

実際にラウレス系の洗浄成分が配合されているシャンプー一覧。

・パンテーン ・ダヴDOVE ・アジエンス ・SPアフターサンシャンプー ・冷シャンプー ・ウエラ
・ケラスターゼ ・salaシャンプー ・h&s(エイチアンドエス) ・セグレタ ・ナイーブ ・メリット ・サクセス

メリットって名前だけで髪にとっては何もメリットはなく、サクセスって薄毛へのサクセスか!と突っ込みたくなるほど酷いシャンプーです。

直シャンなんてあり得ないですよ。苦笑

 

上記のシャンプーはまだまだ一部で、中には2,000円以上するようなシャンプーでもラウレス系の洗浄成分を使っているものがあります。

ノンシリコンシャンプーだから髪にも頭皮にも優しい?

洗車液で髪を洗うのに、どこが優しいんだよっ!と。

 

シャンプーを選ぶ時に、シャンプーに含まれる成分表まで確認する人は極一部で、ほとんどの人はパッケージ前面か効果・効能くらいしか読まないですよね。

専門家か詳しい人でないと、含まれる成分を見てもダメシャンプーなのか判断できないので「ノンシリコンだから髪にも頭皮にも優しい」と書かれていたら信じる人がいるのも当然といえます。

販売メーカーのやり方は汚いわけですが、我々消費者も広告やキャッチコピーに惑わされないようにする必要があるかもしれません。

 

まとめ・備考

最後に市販のシャンプーに含まれる成分配合比率を解説しておきます。

  • 水:50~70%
  • 洗浄成分:30~40%
  • 香料・保存剤:1~3%
  • コンディショニング剤:1~3%

シャンプーを選ぶときは、最低限ラウレス系の洗浄成分が含まれていないか?くらいは確認するようにして下さい。 ノンシリコンだからって髪に良いわけじゃないですからね。

 

ちなみに、市販のシャンプーの原価は100円にも満たないそうです。

失敗しない頭皮と髪に優しいシャンプーを探している方は、《ポイントはこの3つ》髪と頭皮に良い(優しい)シャンプーの選び方こちらをご覧になって見て下さい。

シリコン・ノンシリコンに関係なく、弱った頭皮と髪に優しいシャンプーを選ぶためのポイントをまとめています。

 

 

薄毛の噂に関してまとめた記事一覧

>>男性ホルモンが増えてハゲる人・薄毛にならない人

>>筋トレをしてハゲる人・ハゲない人の分かれ道

>>男性ホルモンは抑えられない

>>オナニーとハゲの噂は本当なのか?今だから分かる真実

薄毛を改善させる育毛促進プラス

薄毛に悩む独身アラサー・30代男性に最適?!チャップアップの効果体験レポ

効果の高い育毛サプリの選び方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PAGE TOPへ